水仕事の捉え方を変えたら、作業が苦ではなくなりました

家事は腰を曲げるので、腰が痛くなりますし、水仕事は手が荒れてしまいます。
そう考えると、できるだけ家電に頼りたいものです。

それでもやはり家事をしながら水の音を聴くことで、自然に自分が癒されています。
家事の時間や家事労力が増えてしまうのは大変です。

しかし、できる範囲でなるべく家電に頼らないで家事をやっていこうと思いました。
そう思えたのも、普段の生活の中では水の音を聴く機会がほとんどないからです。

CDでも自然の音を聴くことができますが、全ての音は収録されていません。
その為、実際に生で聴く水や自然の音よりも、かなり範囲が狭くなってしまうようです。

それを考えたら、水の音を聴くことができる作業はできるだけやっていきたいと思うようになりました。
私は川沿いを散歩することもありますが、川の流れる音が聞こえる場所は意外と少ないものです。

また、滝のような激しい音ではなく、緩やかに流れる心地よい水の音を聴く機会もほとんどありません。
これからは水仕事の捉え方を変えて、癒しの時間として作業を行っていきたいと思いました。アイフル 家族