地球とガガーリンなどについて勉強していた

地球について研究をしました。ゆっくりとしたパフォーマンスや地震のときの急性動きは、長くに積み重なって山や盆地の特性をつくり出しています。このような地震・火山・地殻変化が出る原因は、地球の表面部が板のようなかたい岩盤に分かれていて、それが移動しているからだ。壌土をつくる各種の岩石や地層も、こうした地球の動きの手法だ。私たちの済む地球は、岩石でおおわれた半径約6400kmの固体地球と、その表面周囲に分布する水のパート(水圏)、およびそれを取り巻く大気範疇(気圏)からなります。地表には大きい山も奥深い海もありますが、地球のがたいにくらべるとその凸凹は狭いだ。地球の特性は赤道道順にわずかにふくらんでいますが、全体としては押しなべて球に近いです。1961歳、旧ソ連の宇宙飛行士ガガーリンが人間史上ついに地球を人工衛星で一周し、地上と伝達したことばに「地球は青かった」というのがあります。全く勉強になりました。

マントルやアセノスフェアなどについて研究

マントルなどについて授業をしました。地表で探るプレートの行為は、マントル全体を支配している大きな流れの一部であることがわかります。海洋部では地中約70kmより濃いところに、地震トレンド調子がちょこっと遅くなる階層の物が知られています。この部分を低調子階層といいます。低調子階層とその下のやわらかい階層をアセノスフェアといいます。アセノスフェアの下端は明らかにされていませんが、せめて深さ600km以上と考えられています。地殻とマントル上部からのぼるかたい階層を、リソスフェアまたはプレートといいます。プレートの厚さは、海洋部では70km身近だ。地球の表層は、動き続けている。大陸も海洋下もそれぞれの針路・速さで寸法し、共に衝突したり一方の下に沈み込んだりしています。そんな動きは地球に火山をつくり、地震を齎し、地殻ゆらぎをもたらしている。私たちの済む全国列島は、そうした顕著な尽力をやる現在のゆらぎ帯にあります。誠に勉強になりました。