夏休みが終わると、運動会の練習になります

子供の帰りを来るまで待つのも地獄です。暑いのですが、ガソリンもなくなるので、冷房を切ったりしながらしのぎます。それなのに、子供はお友達とだらだら帰ってきたりして、早くと思ってしまったりします。
クラスの男の子が、自宅とは違う方向に歩いていく場面にでくさすことがありました。塾に行くようです。熱心に、頑張っているのです。中学受験ももう少しです。学校のプール開放も直ぐに終わってしまい、時間もあるようでない短い夏休みです。
暑いのにこれからは、運動会の練習です。学校の競技も毎年おなじものなので、家に休憩に行ったりします。1日見続けるのは厳しいからです。日焼けもすごいですよ。今年も、低学年のおお母さんが、急に前に座り込みしたりして、呆然とすることでしょうね。ひとりでいることが多いので、必ず、やっていいものと判断され、見ている目の前にドカンと座られます。それが、はじめは、5歳ぐらいの子供をチョロつかせ、入り込むのです。

子どもとの時間を大切に趣味も楽しむ母の作戦

みんな子育てしながらどうやって趣味を楽しんでいますか?私の趣味はハンドメイド。
ハンドメイドって、内容にもよりますが材料を集めたり細々したものを整理したりって楽しいけれど、ちょっと面倒なところもあるんですよね。何が面倒かって、作業をしていると子どもが必ず寄って来るんです。そして、グチャーとなってしまい断念。
けど、最近いい事を思いついたんです。
我が子はお散歩大好き。
お散歩に出ると、野草がたくさんある。
かわいいお花も咲いている。
そうだ、このかわいいお花を押し花にしてハンドメイドの何かに使おう。そうひらめき、毎回散歩のたびに子どもとお花を摘んで帰ることにしました。もちろん、人が植えた花ではなく、自然に咲いている花限定です。そして、家に帰ったらティッシュと一緒に絵本に挟む、以上で材料集めのほぼ完成です。
後は、子どもがお昼寝や夜寝た隙に、レジン液で固めて、それにゴムをつけたり金具をつけたりして、アクセサリーの完成です。
お金もそこまでかからないし、なんて言ったって子どもとの思い出にもなるかな、なんて思ったりもしています。
こうやって子どもとの時間を楽しみながら趣味も楽しめるなんて素敵と独り言をもらしながら、日々子どもと材料集めを楽しんでいます。